動物関連記事

鴨川シーワールドでシャチの事故は過去にある?不機嫌でショー中止の事も

投稿日:2017年3月12日 更新日:

2010年、アメリカフロリダ州の水族館でとても恐ろしい事故が起きました。

シャチショーに出ていたシャチがトレーナーを襲い、死亡事故を起こしてしまったのです。この衝撃のニュースはその後、ドキュメンタリー化され「ブラックフィッシュ」というタイトルで公開されました。

アメリカでは過去にいくつかの水族館でシャチの起こした死亡事故が発生しています。

鴨川シーワールドではシャチショーが有名ですが、過去にシャチが起こした事故などないのか、気にかかるりました。また、シャチも不機嫌な事があるので、ショーが中止になる場合もあります。

本日は、そのへんの所を調べてみました。

 

Sponsored Link

シャチについて生態など

シャチはクジラの仲間で、クジラの次に大きな哺乳類です。非常に頭が良く、獰猛で海洋界では敵なしの一人勝ち状態です。あの獰猛と言われるサメを襲うこともあり、「殺人クジラ」という名前が付くくらい、その獰猛さで恐れられています。

シャチは何でも食べてしまいます。魚も食べますが、イルカやアザラシ、クジラやホッキョクグマまで襲って食べてしまうことがあります。

冷たい海を好み、カナダやノルウエー、日本では北海道などで見ることができます。

シャチはとても知能が高く、連携プレーで獲物を追い込むことがあります。

流氷の上で休んでいるアザラシを捕獲するために、仲間のシャチと組んで、アザラシの周りを取り囲みます。そして泳ぎ回ることで大きな波を作り出し、その波でバランスを崩したアザラシが海に落ちた瞬間を狙う。という狩りのシーンが動画でアップされ、その頭の良さが話題となりました。狩りも戦略に長けていてとても上手です。

陸地に滑り込んで襲うこともあり、陸地だからといって安全ではありません。

シャチが人間を食べたという事故はありませんが、じゃれたり、遊びのつもりで人間を溺死させてしまったりという事故は起きています。

シャチは集団で暮らし、平均寿命は50歳前後ですが(オスはもっと短い)中には80歳まで生きた例もあります。水族館でシャチを繁殖させるのは非常に難しいと言われています。水族館で飼育しているシャチは20年でも飼育するのが難しく、平均寿命まで生きることはないようです。

シャチの飼育は非常に珍しく、シャチショーを見れる水族館というのはとても限られています。日本で見ることができるのは鴨川シーワールドと名古屋水族館です。

Sponsored Link
 
 

鴨川シーワールドシャチの事故は?不機嫌でショー中止?

鴨川シーワールドのシャチは名古屋港水族館と協力してお互いのシャチを交換するなどの交配の試みが行われています。シャチは、海の王様と呼ばれ海の食物連鎖の頂点に立つ生き物です。人間と同じですね。非常に獰猛な性格で攻撃的です。

そのような性格で人間が相手にして食べられてしまわないのか心配になりますが、そもそもシャチは人間を「ごはん」として認識していないというのと、トレーナーがごはんをくれる人と認識しているので襲って食べたりはしません。

鴨川シーワールドでシャチの起こした事故は今のところ、過去にはありません。シーワールドでは1日8回シャチショーを行うこともあるといいます。ただ、機嫌が悪くて言うことをきかない時はあります。間も同じですが、シャチにも機嫌の悪い日があります。

しかも毎日ショーをやらされるとあっては、シャチといってもウンザリすることがあるでしょう。

そんな時は、指示通りに芸をしなかったり、勝手なことをやってしまったりと収集がつかないので中止となる事がありますが、頻繁にある訳ではありません。

シーワールドでのシャチショーの様子

とにかく、鴨川シーワールドでは事故はない。ということで安心しました。2010年にフロリダで起きた事故は、人間を食べようと襲ったのではなく、シャチにとってはちょっとしたほんの体当たりだったつもりが、5トンの巨体が人間に当たり死んでしまったとの事のようです。

しかも、このシャチは以前にも同様の事故を起こしていたということで、水族館の環境におけるストレス状況が話題となりました。アメリカ本土では、人間を殺したのだから殺してしまえ。という声もあったようですね。自然から引き離して、散々自分たちが楽しんだ後、人を襲ったら殺してしまえ、とは自分勝手な発想ですが、このシャチに関しては現在も水族館で飼育されているようです。

水族館、動物園は人間にとっては楽しいものですが、動物にとっては過酷な環境であり、動物を自然界から引き離す以上いかに動物をストレスフリーの環境で飼育できるかという課題に真剣に取り組んでもらいたいですね。

Sponsored Link

ところで、余談になりますが、鴨川シーワールドのシャチショーはレインコート必須です!

鴨川シーワールドのシャチショーですが、後ろの席は早く人がうまってしまいます。というのも、前の5列目くらいまではシャチの物凄い水しぶきにびしょ濡れになるからです。後ろの席がいい人は早めに行って席取りをしておきましょう。

 

レインコートは当日300円で販売していますが、前の席になってしまった人はレインコート必須です。シャチはイルカみたいに細かい芸はしませんが、体がでかいので水しぶきもすごい迫力です。

 

まとめ

本日は、鴨川シーワールドでシャチの事故は過去にある?不機嫌でショー中止の事もということでお送りしました。この世で100%大丈夫と言えるものはありませんので、鴨川シーワールドの皆さんにも十分に注意してショーを行って貰いたいですね。

Sponsored Link

-動物関連記事

執筆者:

関連記事

町田リス園子連れでランチは持ち込みできる?雨の日でも大丈夫?

町田リス園は東京都町田市にある日本でも珍しいリス専門の動物園です。 お手軽な価格もあって、子連れに人気のスポットです。そこで気になるのが、ランチの持ち込みはできるのか 雨の日でも大丈夫なのかということ …

アルパカ牧場那須での食事や料金お土産情報・雨の日やペットはOK?

アルパカ牧場は八ヶ岳や長野にもありますが、那須のアルパカ牧場の規模は最大級ではないかと思われます。 広い丘を利用した広大な敷地には約300頭のアルパカが放牧されています。 アルパカはもともと南米の寒い …

カワウソの値段と寿命や飼育方法は?飼いたいけど懐くのか?

カワウソってそんなに見る機会はないけれど、とっても可愛い姿をしていますよね。その可愛さの虜になる人が続出しています。私も、カワウソの可愛さにメロメロになる1人だったのですが、今回トコトン掘り下げ隊!で …