興味ラボ

興味の実験室へようこそ。今日はどんな実験が行われているのでしょうか。

動物

ペットロス克服するにはスピリチュアルな観点から考える

投稿日:2017年1月16日 更新日:

ペットを飼う時は、可愛いということばかりに気が取られ、お別れをする日が来るとはなかなか想像がつきにくいものです。でも、普通に暮らしていればいつかは愛するペットとお別れをしなくてはいけません。

愛していたペットが亡くなることはとてもつらいものです。亡くなってしまったら、どう克服していけばいいのでしょう。今回はスピリチュアルな観点からペットロスについて考察してみました。

 

 

ペットを飼うとやがてやってくる死

たいての場合は、主人よりもペットの方が先に亡くなります。どんなに愛していても、最後はお別れしなくてはいけません。

これほどつらい事はありません。私も昨年の夏に、自分の命と同じくらい大切にしていた猫が亡くなり、とてもつらい思いをしました。それは、直前まで元気だったのに突然やってきました。

しばらくは、会社にいる時も猫の事を思い出し涙ぐむ毎日でした。もう食べる事のないご飯の入れ物を見た時は、たまらなくなりました。

これを食べることも、ごはんをおねだりする姿も、腕にだっこすることももう叶わないのかと思うとやるせない気持ちになってきます。

ペットの死は身内が死ぬよりもつらいという人もいます。このようなペットロスから立ち直るためにはどうすればいいのでしょうか。スピリチュアルな観点からはペットはどのような存在なのでしょうか。

 

 

人間と動物の関係

人間界と動物界には明らかな違いがあります。人間はその知性により、もっとも精神的に発達したレベルにありますが、動物はそうではありません。しかし、犬と猫に限っては特殊な位置にあります。

スピリチュアル的には、長い歴史を人間とともに暮らしてきた犬と猫は、他の動物よりも進化していると言われます。これらの動物は、人間から愛情をもらうことでより上のレベルへと進化してきました。

人間の役割は、自分の所に来た動物たちを精一杯愛することです。そうすることで、動物が進化していく事に貢献することになります。

 

 

私達が動物から受け取るもの

私たち人間は、動物に愛情を注ぐことができますが、一方で動物たちが私たちにもたらしてくれる恩恵も無視できません。彼らは家族の一員として、苦しい時に支えになってくれます。

何の言葉を発する訳ではない動物が、一番の支えになってくれることもあります。そして彼らは、与えた愛情に対してストレートに返してくれます。人間のように複雑なものは一切ありません。

 

 

手放すことがカギ

この世は何事も思い通りに進むことはありません。ペットが亡くなってしまう事も自分ではどうにもならないことです。

スピリチュアル的には、思い通りにならない事には理由があります。
わざと、思い通りにならないことを経験させることによって、学びの機会をあなたに与えるのです。

すべての存在はこの世で学び進化するために存在しています。あなたが自分のペットを精一杯愛したという事実は、あなたの代えがたい魂の資産となります。

どうにもならないことに対しては、どんなに悲しくても手放すという事が必要です。ペットについても言えますが、すべてのことに当てはまります。

ここで、手放すというのは死を受け入れるという事ですね。

手放すという試練を機会を与えてくれたペットに感謝をしたら、少しずつ手放していくという気持ちを持ちましょう。

 

手放すためには何をすればいいか

ペットの死は受け入れがたいものです。こんなことあるはずがない。信じたくない。というのが正直な気持ちです。

その気持ちは否定する事はありません。

しかし、いつまでもペットの身に着けていた首輪や、ご飯の容器を残しておくと余計に手放しにくくなってしまいます。

こういったものは勇気を振り絞って、なるべく早めに処分しましょう。そうすることで徐々にあの子はいないんだという事を認識していく手助けになります。

処分するということは忘れるということではありません。死を受け入れるということです。

 

時間が経つのをひたすら待つ

完全に死を受け入れられなくても、時間は過ぎて行きます。時間は最大の癒やしだといいます。時間が経つにつれて、最初は10だった悲しみも、何か月後かには9、さらに数か月後には8と少しずつ変化していくことが実感できるでしょう。

 

最後に

本日は、ペットロス克服するにはスピリチュアルな観点から考える、というお題でペットロスについて考察してみました。

ペットロスに陥り、あまりもつらすぎる、克服できそうにもない。そう思った時は、スピリチュアルな視点から考えてみることをおすすめします。

あまりの悲しみは、すでに亡くなった者を心配させることになり、いつまでもこの地上にとどまらせてしまいます。

本当に愛しているのならば、手放すということが必要です。
何も心配しなくていいよ。ありがとうね。と言うことが必要なのです。

ペットロスはとてもつらいものです。しかし、あなたが全身全霊をかけて愛したという気持ちは十分彼らにも伝わっています。

彼らは、愛してくれたあなたのお陰でより高い進化の道へと進むことができるのです。

あなたも彼らのお陰で、愛についてより深い学びを得ることができたのです。

物事には常に良いことばかりではありません。良いことの中には悪いことが
悪いことの中には良いことが内方しているのです。

亡くなってしまったペットには、悲しみよりも感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

-動物

執筆者:

関連記事

ふくろうカフェ-東京観光に如何でしょう

    最近〇〇カフェというのが流行っていますね。元祖はねこカフェですが 近年は猫に限らず、様々なコンセプトのカフェが出来ています。 今回は、ふくろうカフェなるものに行ってみたので …

カワウソの値段と寿命や飼育方法は?飼いたいけど懐くのか?

カワウソってそんなに見る機会はないけれど、とっても可愛い姿をしていますよね。その可愛さの虜になる人が続出しています。私も、カワウソの可愛さにメロメロになる1人だったのですが、今回トコトン掘り下げ隊!で …

空前のネコブームから経済効果を考える

  今、日本は空前の猫ブームです。店頭には猫グッズが溢れ、本屋さんに行けば猫の本が必ずあります。どこもかしこも猫、猫、猫だらけです。 一体猫市場は、どのくらいの経済効果をもたらすものなのでし …

はりねずみカフェ

前回ふくろうカフェについてお知らせしましたが、今回ははりねずみカフェについてご紹介します。 はりねずみはメジャーな動物ではありませんでしたが、ペットとして飼う人も増えており、SNSで投稿されたはりねず …

猫の日は2月22日イベントやグッズを紹介します

2月22日はにゃん、にゃん、にゃんの語呂合わせで猫の日です。2月22日はすべての猫好きが最も注目する日でもあります。 猫の日には様々なイベントが開催されています。その中でも特に私が厳選したイベント3選 …

訪問ありがとうございます。
興味の実験室では、夜な夜な何かに興味のあるお客さんが来てはお話をしていきます。ここに来ればいろいろなお話を聞くことができます。今日はどのようなお客さんが来てくれるのでしょうか。そんな想像をしながら書いているサイトです。どうぞよろしくお願いします。