興味ラボ

興味の実験室へようこそ。今日はどんな実験が行われているのでしょうか。

自律神経失調症について

自律神経失調症-薬物療法以外の対策

投稿日:2017年2月4日 更新日:

 

自律神経失調症になり、薬物治療を行っているけれど、それだけでは心もとないと思うのが、普通の感情であるかと思います。

こちらでは、私の試した薬物以外の療法について紹介したいと思います。

 

ノイロメーター

自律神経失調症は、一般的な検査では数値に出てこないというのが厄介ですが、自律神経の働きを測定できる

機器が存在します。それがノイロメーターです。

ノイロメーターは、主に整体や鍼治療院に設置してあります。どこにでも置いている訳ではないので、

置いている場所を確認してください。

これから治療を行っていく上で、ノイロメーターの測定結果は治療の指針となりますので

計測しておくと良いでしょう。このデーターに基づいて治療方針を決めてくれる鍼治療院もありますので

そのような所での治療をおすすめします。

*実際にノイロメーターを体験した時の事を別記事で書く予定でいますので、後ほどご参照下さい。

 

漢方治療

自律神経失調症のようなつかみどころのない症状に効果を発揮するのが、漢方などの東洋医学的治療と言われています。

漢方で難しいのは、薬が体質にピタッと合うとみるみるうちに良くなっていくようなのですが、

合わないと何も変化が起きないというところです。

 

この薬の見極めは東洋医学に熟達した医師でも難しいと言います。

一般内科で漢方を出している医院は、症状に対して漢方を出している所が多いです。

漢方は個人の体質に応じて処方する薬が違うので、もし漢方を検討するのであれば、漢方内科を専門にやっているクリニックの方が良いでしょう。

薬物治療を並行して行う場合は、飲み合わせなどもありますので、一度併用しても良いか確認すると良いでしょう。

東洋医学を専門に学んだ先生ならばなお良いです。

漢方を出す所ならば、どこでも効くという訳ではありませんので、医院選びは良く調べてから行くことをおすすめします。

薬の種類

漢方には2種類あって、エキス剤(粉薬)と煎じ薬があります。

良く効くのは煎じ薬の方と言われており、こちらを処方してくれる医院であると尚良いのですが、現状はほとんどがエキス剤の処方です。

エキス剤が悪いという訳ではなく、こちらも体質に合ったものであれば十分な効力を発揮してくれます。

 

私はふわふわめまいを治したくて漢方を飲み始めたのですが、めまいの症状にはあまり効き目を感じませんでした。

しかし、その他の下痢といった胃腸の不具合にはすごい効力を発揮してくれました。

下痢には西洋の薬よりも効き目を感じられ、即効性もありました。

めまいにはやはりデパスが一番効きました。メリスロンというめまいに一般的に出される薬も試しましたが

デパス程の効力はありませんでした。このお薬は長期に渡り飲んでもらいたいとの指示で、3か月くらい飲んでいましたが、
効果はあまり感じませんでした。

漢方は効きが遅いといいますが、速攻で効くものもあります。

3か月飲んで何の効果も感じなければ、一度薬を変えてみることを提案した方がいいかもしれません。

 

めまい外来

私が一番悩まされた症状がめまいです。

病院の中にはめまい外来という専門の科を設置している所があります。

私は結局めまい外来には行きませんでしたが、こちらにかかってみるというのも一つの手段です。

めまいというのは原因不明のことが多く、治療が難しいという現状があるようです。

 

自律神経失調症専門内科

クリニックによっては自律神経失調症専門の科を置いているクリニックもあります。

こちらにかかってみるという方法もあります。

薬物療法と併用して、保険の効かない療法と組み合わせる治療を行っているところが多いようです。

自分の試してみたい療法があれば、こちらの科にかかることも検討してみても良いと思います。

 

鍼治療

鍼は自律神経失調症に効果があると言われています。

私が試した中で一番効果を感じたのは鍼治療です。

鍼治療は技術にはピンキリありますので、検討している方は腕の良い所をよくリサーチしてから行ってください。

これは非常に重要な事です。技術のある施術者でないと、全く効きません。

私は幸い熟達した方にやってもらったおかげで、若干改善したことを感じられました。

不眠も何度かの鍼治療で治り、マイスリーを飲むのをやめました。

自律神経が集中しているのは首だということで、姿勢が悪かったりすると

首に負担がかかり、血流が滞り、めまいを起こすことがあるようです。

確かに、首にはものすごく違和感がありました。

鍼は主に首に打ってもらっていました。

 

鍼治療でネックとなるのは、料金です。一度では良くならないので、何度も通う必要があります。

私は最初は週2で通っていましたので、鍼だけで月5万近くかかっていました。

最初は経済的に大変ですが、よくなるにつれて通う回数は減ってくるので、それまでの辛抱です。

 

最後に

今日は、自律神経失調症、薬物以外の対処法について書きました。

今苦しい思いをされている方は、上の方法を片っ端から試してみて、一番効くと思ったものにフォーカスされるのが良いかと思います。

数を打てば何かしらは当たるものです。

諦めないで、自分が良いと思った方法を探してください。

-自律神経失調症について

執筆者:

関連記事

自律神経失調症-原因、特徴、症状など

  自律神経失調症には、様々な不愉快な症状がつきまといます。 殆どは、調べても原因がわかりません。だからこそ、ますます不安になり やり場のない苦しみを抱える人も多いです。ここでは、自律神経失 …

自律神経失調症-お薬の話

  自律神経失調症で心療内科のお薬を出されて、飲むか飲まないか迷ったらどうすればいいでしょう。私の場合をお話しますね。   心療内科の薬は飲むべきか 結論から言ってしまえば、自律神 …

自律神経失調症に効く運動

自律神経失調症に限らず、運動は体にとって必須です。ただ、あまりにも激しい運動はかえって自律神経をおかしくしてしまうので避けましょう。 ここでは、私が実際に行った効果のあった運動を紹介します。 &nbs …

自律神経失調症になってしまったら-対策など

  自律神経失調症になってしまったら、どうすればいいでしょうか。この症状は自分が感じている症状と、診断が一致しないという不可解な経験をします。それ故に、何をしたらいいのか戸惑う人もたくさんい …

自律神経失調症-体験談

  自律神経失調症と診断されたらどうしますか?今回は私の体験談を何回かに分けてお知らせしたいと思います。お役に立てれば幸いです。   はじめに これを読まれている方は、なんとか楽に …

訪問ありがとうございます。
興味の実験室では、夜な夜な何かに興味のあるお客さんが来てはお話をしていきます。ここに来ればいろいろなお話を聞くことができます。今日はどのようなお客さんが来てくれるのでしょうか。そんな想像をしながら書いているサイトです。どうぞよろしくお願いします。